春の雨の鹿

春の雨が降る中、東大寺に行ってきました。

ほんとに至る所にいる、鹿。雨のせいなのか、それともいつもこんなテンションなのか、座ってくつろいでいる鹿が多かったです。

霞がかった雨の中、花の咲く木の根元でじっとしている鹿たち。釈迦が涅槃で入滅しそうな幻想的な風景に見えん事もない。

散った花が背中に積もってる…。君たちどれだけ長い間動いていないのか。

ほらほら、鼻先に花びらついてるよ。

お寺と鹿、不思議な取り合わせなはずなのにしっくりきているように見えるのはなんででしょうね。

傘で手が塞がってなければもっとふれあいたいところでした。