タグ別アーカイブ: 鳥たち

春のメジロ

ちょうど満開の日に枝垂梅を見る事ができました。

いくら人でにぎわっていても、たくさんの梅がある場所には鳥達も飛来するようです。

メジロは色もきれいな上に愛らしいサイズで、ほんとうに見てて飽きない。

あっちへこっちへ飛び移って蜜を吸う、ほんと妖精かな?

撮る立場としてはもう少し止まってて!と思う事もありますけど。

 

 

メジロより一回り以上大きな鳥も来ていました。

オレンジのおなかがおしゃれなジョウビタキ君。

このあざやかな色はオスみたいですよ。

あのヒヨコたち

鳥インフルエンザが猛威をふるっています。

自分のホームとも言える東山動植園も閉園。鳥の種類が出ただけで、「あぁ、あそこの池の…」とすぐわかるぐらいなので、自分にとって本当に気にかかるニュースです。

しばらく閉園と聞くと「動物園成分が足りない時はどうしたらいいんだ…!」と不安になる。助けて。

さて、先日行った鶏のいる施設(農業センター/デラファーム)ですが、ニュースで取り上げられていました。今のところ異常はないとのこと。

この生まれたばかりのひよこたちを思い出すと心配せずにはおれません。

image

image

この施設はただヒヨコと触れ合えるだけではなく、珍しい種類の鶏がたくさんいるのです。

image

名古屋コーチンの始祖、バフコーチン。

image

顔が青い烏骨鶏。卵が高価で有名。

image

長く鳴く東天紅。

image

パンク魂を感じるポーリッシュ。

「ニワトリ」と言っても多種多様で、稀少な種類もいるはず。

無事に冬を越してほしいなぁ。

 

初夏のフクロウ

シロフクロウ、雌です。

shirohuku_02

ほぼ純白なのが雄で、画像のように黒〜褐色の柄があるのが雌。

自分のSNSのアイコンがシロフクロウなので

動物園で見かけると気にして見ています。

口元もホッサホサなのがいいな!

猛禽類らしいがっしりした爪のある足もホッサホサ。

写真とってないけど。

shorohuku_01

この顔…。怒られたかな。

宝石なカワセミ

初めてカワセミに遭遇。びっくりした。

kawasemi_02

kawasemi_03

きらめいたものが急に池に飛び込んだと思ったらカワセミ。

誇張じゃなくてエメラルドの宝石が急に現れた感じで

すごいインパクト。

こんなにキラキラしちゃったら天敵にバレないのかなー。

kawasemi_04

魚をうまいこと捕まえていました。

はー ぎょっとする美しさ、カワセミの実力を知った感じ。

あの大きさもまたよかったです。

また遭遇して驚きたい。

 

ペンギンはそれでも鳥類

iwatobi03

iwatobi01

ペンギンは鳥類のくせしてちょっと哺乳類的なもふもふ感ありますね。

ゆる〜くひなたぼっこです。

この二羽はイワトビペンギン。

眉毛のような羽毛が特徴で、ちょっと尖った系のオシャレさんだと思います。

仲良しでいいね。

iwatobi03

「以上、イワトビでした」。